ブログエントリー

Alt text 構造検討

 

構造設計の専門家と共に、打合せを進めています。

耐震性を高めつつ、魅力的のある空間を実現するためには

柱、梁などの部材をどのように構成すればよいのか。

日々、具体的な検討を続けています。

 

交流センターでは「メガストラクチャー」という構造形式を取り入れていますので、

また別の機会でご紹介できればと考えています!

 

投稿者: 

畝森泰行建築設計事務所 小島 衆太

投稿日: 

2015/5/19