ブログエントリー

Alt text 「館長 庵野秀明 特撮博物館」へ行ってきました

少し前になりますが、名古屋市科学館で開催していました
「館長庵野秀明 特撮博物館 ~ミニチュアで見る昭和平成の技」ヘ行ってきました。

展覧会最終日前日の日曜日ということもありすごい行列で、入館するのにおよそ
1時間かかりましたが、入った途端にそんなことをすぐに忘れてしまうくらい
素晴らしい展示でした。

特撮作品に登場したミニチュアの数々に始まり、当時の撮影現場にあった
特撮美術倉庫の再現や特撮ミニチュアステージの展示まで、
いずれも見応えのある展示が続きます。

会場内のシアターではオリジナル特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』(展覧会版)
が上映されていて、これはもちろん素晴らしい作品だったのですが、
同時上映のメイキング映像『巨神兵が東京に現われるまで』と併せて観ることで、
館長の庵野秀明監督、副館長の樋口真嗣監督をはじめとする制作関係者の
みなさんの情熱を強く感じることができました。
特撮、熱い!

日本初の特技監督の称号を与えられた円谷英二監督から、庵野秀明監督や
樋口真嗣監督へと脈々と続く特撮の歴史や技術、そして人々の熱い思いを、
市民交流センターで企画中の「円谷英二ミュージアム」にもしっかり繋げて
いきたいと思います。

投稿者: 

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)

投稿日: 

2015/1/26