blogさんのブログ

Alt text 図書館で使用する可動式展示ケースのサンプルが届きました。

 須賀川市図書館の入口付近には、毎月のテーマに沿った本を展示しています。今月は、花やイースターなどの本が並んでいます。

 市民交流センターで使用する「可動式展示ケース付書架」のサンプルが届きました。本を開いた状態で、ガラスケースの中に展示することもできます。図書エリアや交流フロアに設置する予定ですので、使いやすく安全なものに、改良を重ねていきたいと思います。

 このほかにも独立書架や壁面書架のサンプルも置いていますので、ぜひ図書館へ足を運んでみてください。

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/4/18

Alt text ペンダント照明

2〜3Fの吹き抜け部分のペンダント照明が設置されています!

点灯が楽しみ!

 

 

投稿者: 

畝森設計 小島 衆太

投稿日: 

2018/4/16

Alt text 交流センターから見える桜

今年は桜の開花が早く、交流センター付近の桜も満開を迎えています。

こちらは5Fテラスから撮影した、でんぜん通りの風景です。

来年の今ごろは、交流センターのテラスから桜の花を楽しむことができそうです。

開館まで、あと277日です。

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/4/9

Alt text 須賀川市民交流センターに関するよくある質問にお答えします。

須賀川市民交流センターに関する主なご質問に対する回答を、市公式ホームページよりご覧いただけます。

市公式ホームページはこちらから

事業の進展などに応じて随時更新しています。

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/3/28

Alt text 『すかがわ、めぐるめく第3号2017秋・冬』ご覧ください。

市民交流センターPR冊子「すかがわ、めぐるめく第3号2017秋・冬」は、須賀川市内公共施設に設置されています。どうぞ、お手にとりご覧ください。

市ホームページでも閲覧できます。

市ホームページへリンク

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/3/15

Alt text 「tetteトピックス-学生たちの現場見学会・職員の現場視察を行った時の出来事です-」

 「tetteの周知活動」としてこれまでに行ったワークショップに参加してくれた学生たちを対象に、建設中の市民交流センターの現場見学会を以前行いました。20名の学生たちが参加してくれた現場見学では、スケール感への驚きや、「早く完成して欲しい」「早く使いたい」などの声があがりました。

 ▼こちらの写真は内装工事が始まる前のものです。

 また、「効果的な中高生現場見学会の周知方法や募集方法」「市民に親しみやすい交流センター諸室の名称」のテーマでワークショップを行い、たくさんのアイデアが出されました。今後の活動を企画したり、名称を検討する際に活かしたいと思います。

 公民館職員が現場視察を行った際も、工事中の建物を見て、図面での想像を超える空間の雰囲気に驚きと期待の声がありました。

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/3/14

Alt text 木製天井

木製天井のご紹介。

2F、3Fの図書館エリアに設置されます。

幅30mmの木材をクリア(隙間)5mmの連続で構成されており、

全体的に45度斜めに振ったレイアウトが見所です。

 

 

 

投稿者: 

畝森設計 小島 衆太

投稿日: 

2018/3/6

Alt text 現場視察を行いました

2月14日、工事着工から5回目になる市長・副市長・教育長による現場視察を行いました。

建物東側のホール(たいまつホール)前です。こちらでは外装工事が行われています。

建物西側では外装が仕上がり、内装工事が進んでいます。

 こちらは2階こどもライブラリーです。天井がほぼ仕上がりました。天井材は木材で暖かみのある雰囲気となっています。また、斜めの線がきれいにそろえられ、まさに職人芸です。 奥に見えるのは壁面に作りつけられた書架です。

 こちらは5階西側(円谷英二ミュージアム)のテラスです。はるかに見える奥羽山脈や、近くにある市役所庁舎もよく見えます。

現場は着々と進んでいます。開館まで、あと316日となりました。(3月1日)

 

 

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/3/1

Alt text 第4回tetteパートナーズクラブ設立準備会を開催しました

12月15日、第4回tetteパートナーズクラブ設立準備会を開催しました。

8月から全4回行われた準備会の総まとめの内容となりました。

 今回は、これまで2回にわたって岡崎市図書館交流プラザ「Libra」(りぶら) の運営にかかわっている「NPO法人岡崎まち育てセンター・りた」事務局次長・三矢勝司さんから話を頂いた体験談やアドバイスを踏まえ、tetteパートナーズクラブは個人登録によるボランティア組織とすることとし、クラブの活動を「部活」に置き換えて、具体的な活動内容を話し合いました。

 「自分がtetteでやってみたいこと」や「須賀川市で暮らす市民が支え合うことの大切さ」「須賀川らしさ、親しみやすいネーミング」「市民の関心や特技を活かせる多くの受け皿」といった意見が出ました。

 設立準備会において、一定の方向性がまとまったことから今回で準備会は終了し、tetteパートナーズクラブの設立に向け、tetteのオープンと同時にパートナーズクラブが活躍できるよう、準備を進めていきたいと思います。

※市ホームページからもご覧いただけます。

 市ホームページはこちらから

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/2/23

Alt text 開館準備事業シンポジウムを開催しました。

 去る2月10日「須賀川市民交流センターtetteの可能性~つながる図書館がまちを動かす~」をテーマとしたシンポジウムを開催し、市内外から150名の方に参加いただきました。

※市ホームページからもご覧いただけます。

 市ホームページはこちらから

 第1部は、伊東直登氏(松本大学図書館長/教授、元塩尻市市民交流センター長兼図書館長)による基調講演「複合施設の可能性―地域に役立つ図書館を考える―」をテーマに、複合施設えんぱーくでの「つなぐ」「機能融合」「新しいサービス」の創出などについてお話いただきました。

 図書館関連の本を複数執筆している文筆家の猪谷千香さんには「市民とつながる図書館・まちとつながる図書館」の講演をいただく予定でしたが、猪谷さんがインフルエンザで欠席のため、岡本真氏(アカデミック・リソース・ガイド㈱須賀川市民交流センターtette管理運営協議会アドバイザー)から猪谷さんの資料を基に解説をいただきました。

 

 第2部は、「須賀川市民交流センターtetteの可能性~つながる図書館がまちを動かす~」と題し、伊東氏、橋本市長、岡本氏によるパネルディスカッションを行いました。

 参加された市民の方々からは「市民の交流の拠点として、市独自の文化を育み発信していける施設となるよう期待したい」といった声などが寄せられました。多くの期待に応えられるよう、市民のみなさんと力を合わせてより良きものになるよう準備を進めていきたいと思います。

 アンケートに寄せられた参加者のご感想を一部ご紹介します。

・多くの事例が聴けてよかった。(10代女性)

・作ってからがスタートであり、自分たち市民が育てる必要があると感じた。(20代男性)

・tetteのオープンがより楽しみになりました。オープン後のtetteならではの取り組み(イベント、配架、独自の施設など)をくわしく知りたいと感じました。(20代女性)

・えんぱーくでの様々な改革の話に感動しました。ぜひ、塩尻市に伺いたいと思います。tetteに市民として必ず関わっていきたいと思った1日でした。(30代男性)

・図書館の持ついろいろな可能性を考えさせられました。tetteが完成したら、ぜひ訪れてみたいと思います。(30代女性)

・開館後もこのようなシンポジウムを開催していただきたい。(40代男性)

・参加できて良かったです。伊東さん、岡本さん、橋本市長のお話を聞けて大変勉強になりました。最後に岡本さんが話された、市民の温度差は本当に感じています。関心のない人たちへ地道に興味・関心を持ってもらいたいと思いますので勉強会やイベントが参加可能であればできるだけ参加して行きたいです。(40代女性)

・本格的な少子高齢化社会が全国的な課題の中、地域コミュニティの崩壊が現実化している。今回、伊東先生の講演を聴いて新たなコンセプトでの図書館が新たなコミュニティや繋がりがインキュベートされていくと感じた。来年1月にオープンする「tette」が市民活動、市民力の結果、子供から老人まで世代、性別問わず交流の拠点として運営されていくことに大きく期待しています。楽しみです。(50代男性)

・ワクワクしました。完成が一層楽しみになりました。自分も利用したいし、多くの市民の方にtetteを活用していただきたいです。(50代女性)

・猪谷さんの話を是非聞きたかったので残念であった。伊東先生の思いや岡本さんの考え、思いが聞けて良かった。今後市民の自分たちの施設という意識を広めていくことが可能性につながり、施設の有効活用できると思う。ある意味で人づくりの施設かもしれない。(60代男性)

・本当に参加して良かった。みんなで作りあげていく施設なのだと思った。楽しみです。(60代女性)

・図書館に対するイメージが変わりました。図書館を作るのは我々市民一人一人であることを初めて知りました。(70代男性)

・交流センターが市民をつなぎ施設を活かした場になることを望みます。市民団体が多くある中でお互いに交流し輪を広げる様努力したいと思う。このようなシンポジウムを数回行い市民の意識を高めてほしい。(70代女性)

・参加出来て大変良かったです。来年1月が楽しみです。(80代女性)

 

 

投稿者: 

整備室

投稿日: 

2018/2/16

ページ

RSS - blogさんのブログ を購読