アーカイブ

  • Alt text 中高生ワークショップ・現場見学会を行いました。

     11月18日に市内の中学生7名、高校生15名の計22名の生徒さんたちが参加してくれました。

     アニメーションによるtetteの概要説明を見てもらい、建設工事現場へ見学に行きました。

     その後、ワークショップを行い、4つのグループに分かれて「tetteパートナーズクラブで自分たちができる活動」「中高生が参加しやすい仕組みづくり」などのテーマについて、それぞれ意見を出し合いました。

     グループの中で意見を交換し話し合った内容を、最後に発表しました。

     中高生の目線から活発な意見がたくさん飛び出し、みなさん楽しく有意義なひとときを過ごしてくれたことと思います。

     次の機会にもぜひ参加してくださいね!

    投稿者: 

    整備室

    投稿日: 

    2017/11/28
  • Alt text 「1万人プロジェクト」天泉こども園の園児たちが参加しました。

     11月2日、交流センター建設現場「1万人プロジェクト」に天泉こども園の園児たちが参加しました。

     天泉こども園の年中組の園児たちは、tetteのPR誌「すかがわ、めぐるめく」の第3号の表紙に協力してくれました。今回、その縁で参加することになりました。

     「1万人プロジェクト」は、市民交流センターの完成に向け、tetteに関わった人たちの顔写真を、建設現場東側囲いに掲示しています。

     これまで、ワークショップ参加者や、設計、施工業者、市の関係職員など、約2000人の写真を紹介しており、完成までに1万人を目標にしています。

     園児たちは、自分の顔写真を笑顔で貼りつけていました。

    投稿者: 

    整備室

    投稿日: 

    2017/11/22
  • Alt text 第2回tetteパートナーズクラブ設立準備会を開催しました。

    10月6日に第2回tetteパートナーズクラブ設立準備会を開催しました。

    今回は愛知県岡崎市からゲストをお招きしました。

     愛知県岡崎市で活動する「NPO法人岡崎まち育てセンター・りた」で事務局次長を務める三矢勝司さんです。

    「りた」は岡崎市に建設された複合施設「岡崎市図書館交流プラザ「Libra」(りぶら)」の計画段階から運営まで行政と市民の間でコーディネートを担ってきたNOP法人です。

    今回お越しいただいた三矢さんは「りた」を設立し、中心的な存在として活躍されてきた方です。

    ゲストトークプログラムでは、実体験をもとに行政と市民、NPO法人がどのように協力しながらプロジェクトを進めてきたかなどについてわかりやすくお話しいただきました。

    参加者によるワークショップでは、岡崎市での取り組みを参考に、より具体的なアイディアなどが出されました。

    投稿者: 

    整備室

    投稿日: 

    2017/11/2