アーカイブ

  • Alt text 定点から見る風景の先に。

    週末は、須賀川市民交流センター”tette”の定点撮影。
    ホテルウィング屋上から写真家の村越としやさんと。

    いつも静かに正面を見据えて撮影する村越さんが押すシャッターの音と、
    目の前の建設現場にそびえ立つクレーンにプロジェクトが
    着実に進行していることを改めて感じて、身が引き締まる思い。

    東京に拠点をおきながら、写真学生の頃から故郷である
    福島の風景を撮り続けている村越さん。
    村越さんは土地に愛されるひとで、
    引き寄せられるように土地に呼ばれて、
    そして強い意志で撮影しているひとなんだなあと
    なんだか今回初めて全身でそう強く感じる。
    村越さんしか撮れない須賀川のいまを目の前にして
    感慨深い気持ちになる、定点撮影の3回目。

    今月4月11日まで、福島県立博物館にて開催されている、はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト成果展「アートで伝える 考える福島の今、未来展」at Fukushima Museumにて、村越さんは、2016年に須賀川市内の牡丹平遺跡を撮影した作品を出展中です。
    http://www.general-museum.fks.ed.jp

    投稿者: 

    stillwater

    投稿日: 

    2017/4/3