アーカイブ

  • Alt text ごあいさつ

    (仮称)市民交流センターのプレサイト「声のパレット」の開設にあたりご挨拶申し上げます。
    東日本大震災から3年3ヶ月余が過ぎました。甚大な被害が発生した市街地中心部でありますが、市民の皆さん、事業者の皆さんの復興への意欲により、着実な前進が図られ、被災した市庁舎をはじめ、公共施設等も再建の道筋が見えてまいりました。特に、市民の皆さんの期待も大きい(仮称)市民交流センターについては、これまでも多くの市民の皆さんの声をお聴きしながら準備を進めているところであります。
    本年3月に国の認定を受けて進める中心市街地活性化基本計画の中心施設として、また本市の復興のシンボルとして市民の皆さんに末永く愛され親しまれる施設となるよう期待しております。
    私は、「共につくりあげること」にも大きな意義を感じておりますが、今から「いかに使うか」を考えていただくことも大切だと考えております。是非、皆さんの思いを「声のパレット」に映し出してみてください。
    様々な機能を備える当施設は、市民の皆さんによって生み育てられていく施設となることを念願しております。

    須賀川市長 橋本 克也

     

    投稿日: 

    2014/6/16
  • Alt text 市民交流センター整備室より

    みなさんこんにちは!
    平成26年4月から市産業部に設置された「市民交流センター整備室」です。
    3人のスタッフの小さな部署ですが、(仮称)市民交流センターが復興のシンボルとして、
    永く親しまれる場所になるよう、市民の皆様とともにつくっていきたいと意気込んでいます。

    7月5日からワークショップを開催します。まずは、皆様の声をお聞かせください。
    お申し込みはこちらまで。

     
     

    投稿者: 

    市民交流センター整備室

    投稿日: 

    2014/6/16
  • Alt text 「声のパレット〜(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト〜」について

    このたび、2017年に開館を予定している(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト「声のパレット」をオープンしました。

    この名称には、市民のみなさんから十人十色の声を集めて、一緒に考え、つくっていきたいとの想いが込められています。市民交流センターが出来るまでの軌跡として、市民のみなさんに楽しんで参加していただける場をつくっていくことを目的に、交流センターに関する最新情報等を発信していきます。

    また、須賀川市市民交流センター整備室スタッフや、建築設計スタッフ、「一緒につくる、考えるワークショップ」やイベント企画のスタッフをはじめとする、プロジェクトチームメンバーの声もブログでお届けしていきます!

    どうぞよろしくお願い致します。

    (仮称)須賀川市市民交流センタープロジェクトチーム一同

    投稿日: 

    2014/6/16
  • Alt text 「一緒につくる、考えるワークショップ」開催のお知らせ

    2014年7月から、市民のみなさんと「一緒につくる、考えるワークショップ」を開催します。

    新しくできる(仮称)須賀川市市民交流センターは、地上5階建て(予定)で、図書館、公民館、子育て支援機能をメインに、市民のみなさんが利用しやすい空間構成を考えています。

    「一緒につくる、考える」ワークショップでは、交流センターが担う機能から、各テーマを取り上げて、建築に寄り添いながら、市民交流センターでどんなことができるのか、活用方法などをみんなで一緒に考えてつくっていきましょう! 

    毎週土曜日の午後に開催します。
    第1回目(7月5日)のテーマ 「学ぶ(調べる)」「遊ぶ」
    第2回目(7月19日)のテーマ 「つくる」「うごく」「奏でる(音)」
    第3回目(8月2日)のテーマ 「にぎわい、イベント」

    市民の方であればどなたでもご参加いただけます(未就学児は保護者同伴)。

    みなさま、どうぞふるってご参加ください!

     

    市民のみなさんと「一緒につくる、考えるワークショップ」を開催!  [PDF]

    投稿者: 

    青木 佑子(スティルウォーター)

    投稿日: 

    2014/6/16
  • Alt text はじめまして

    みなさん、はじめまして。

    日本には、まだまだわたしたちが足を運んだことがない地域がたくさんあります。須賀川もそのひとつでしたが、このたび(仮称)須賀川市市民交流センターのプロジェクトに参加させていただくことになり、須賀川を訪れる機会に恵まれました。

    円谷英二さん、円谷幸吉さん生誕の地、松明あかし、俳諧が盛んで松尾芭蕉ゆかりの地であることを知り、5月にはちょうど見頃を迎えた牡丹園を訪れ て、牡丹の花がこんなにも美しく、たくさんの品種があることにも心を動かされました。また、駅前のレンタサイクルで自転車を借りて、街のなかをぐるぐる 走ってみたりもしましたが、まだまだ知らないことがたくさんあります。須賀川にたびたび通うようになって、だんだんと須賀川の温かい部分に魅せられていく のを実感しています。また、まだほんの入り口に立ったばかりですが、プロジェクトを通してチームのみなさんの人柄にふれていると「人」が温かいなぁと感じ るのです。

    わたしたちは「一緒につくる、考えるワークショップ」を担当させていただきますが、ワークショップを通して、市民のみなさんや須賀川にもっともっと近づいて、寄り添って、お互いの共通点を見つけあったり、一緒に新しい発見をしていきたいと思っています。

    わたしたちは楽しいことや美味しいことが大好きです。須賀川の楽しく美味しい情報をたくさん教えてください。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

     

    投稿者: 

    青木 佑子(スティルウォーター)

    投稿日: 

    2014/6/16
  • Alt text (仮称)須賀川市市民交流センターにむけて!

    みなさんはじめまして!
    この度「(株)石本建築事務所」と「畝森泰行建築設計事務所」が市民交流センターの設計者として関わらせて頂くことになりました。
    「設計の現場から」ということで、これから定期的に私たち設計者の日々の作業等を書かせて頂きます。よろしくお願いします。

    写真は将来市民交流センターができる敷地になります。現在「まちなかプラザ」がある場所ですね。
    市民のみなさまが安心して楽しみ、活気ある場所になるよう頑張っていきたいと思います。

     

     

    投稿者: 

    小島 衆太(畝森泰行建築設計事務所 )

    投稿日: 

    2014/6/16